スポンサーサイト
--.--.--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
武蔵野ルネさん✨ありがとうございました😊上野バレエホリディ
2017.05.02(Tue)
バレエフェスタにて、イラストレーターの武蔵野ルネさんに、似顔絵を描いてもらいました‼️
とっても可愛く描いてもらって、私も娘も大喜び✨でした❤️

出来上がりはこんな感じ✨

たったの5分くらいで、こんなに可愛く描いていただけるなんて、凄い❗️
飾ってあったルネさんの絵もとっても🖼素敵だったので、いつか購入したいなあ。
スポンサーサイト
上野のバレエフェスタ✨❤️
2017.05.01(Mon)
上野のバレエフェスタに行って来ました‼️
ドン・キホーテを初観劇‼️

4歳で早すぎたかとも思いましたが、なんとか最後まで観劇できました✨
自然に絵本を数回読んでおいたので、話のあらすじが分かって良かったみたいです。
衣装も沢山展示されていました。

帰りは上野の精養軒でステーキなどたべて帰宅しました。楽しかった~~✨
子連れで、代官山フレンチ
2016.03.26(Sat)
久しく行っていなかった代官山に行ってきました!
4人以上集まれたので、代官山パッションの個室を予約。

子供用にアペリティフ、スープや鴨のロースト、パン、デザート、アップルジュースをサーブしてもらいました。

アイスクリームも!

とっても美味しかったです!
しかし、家ではこんなに美味しいフランス料理は作れないよ~。



同居はやっぱり無理!
2013.01.06(Sun)
前にも書いたんですが、夫の両親は本当に善人ですよ。すごく気を使ってくれてます。

でもね、でもね、やっぱり同居は無理!!!!です。1か月がベストでしたね。なのに姑さんに懇願されて、滞在を2か月⇒3か月半に延ばしたんですが・・・大後悔で大失敗です。

特に喧嘩したとか、険悪なムードになったとかじゃないですが、早く日本に帰りたいです。

これから国際結婚をしようと思っている人たちに、いろいろとネガティブなところを書きたいと思うのですが、まだ気持ちがイライラしていてだめですわ・・・

社会学者の小倉千加子先生が著書『結婚の条件』の中で書いていたのですが(文章うろ覚え⇒)

「最近の女の子は、白人と結婚して、オーストラリアに住んで、双子の青い目の男の子を産んで・・・という憧れのイメージがあるみたいだが、これは戦後の日本人女性に巣食う巨大な根っこで・・私はこの巨大な根っこと戦っている」

みたいな文章があったんです!!!ずーっと前に読んだ本なのに、ここだけは鮮烈に覚えていて、
「小倉先生は何と戦っているんだろう?はてはて??」とさっぱりわからなかった私ですが


今回の長期滞在を経験して、この意味が分かった気がします。


はっきりいって、欧米だなんだって日本では先端を行っている・・というか


「日本ほかアジアよりかっこよさそう」というイメージありますけど


全然そんなことないと思います。


でもって、日本の方がずっとずっと、素晴らしい国だと、私は深くふかーーーく思いました!!!


今日は以上です!!!
仕事か、避難か・・・?
2011.03.27(Sun)
いろいろ不安なニュースを見るにつけ、欧米の日本に関するニュースを見るともっと不安になったりして、

夫は「さおちゃん、早く逃げましょう・・・!」

というわけですが、私はサラリーウーマンですから、仕事を投げ出すわけにはいきません。

私「いや、仕事あるし・・・」

と言っても、全く理解してもらえません。「人生のほうが大事でしょう!!」とのこと。

まあ確かに人生のほうが大事なのは分かる。この月々○十万円のくだらなく見える事務仕事なんかより。

しかし、避難したい人も多い中で、秩序だってはたらくことが日本を支える土台になっているのではないか。

パニックを起こさず、買占めもほどほどにし、計画停電がある中で工場で働く人はフル稼働し、

事務屋も受け持った仕事はがんばる。

コンビニでアルバイトしてる人も大事だし、社会を成り立たせてる人たち全員がどこかへ避難したら、東日本は

どうなっちゃうんだろう。

震災からの復興は、警察や自衛隊や消防だけによるものではない。当たり前すぎるけど。

そんなことを夫にトウトウと説明したら、なんとか分かってもらえた様子。

しかし、日本にそれほど愛着がないであろう(ふるさとじゃない、という意味で)夫には、何かあったら

避難して欲しいと伝えた。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。